歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

松田聖子「制服」を読む

(しりとりシリーズ セーラー服から制服へ)
B面ながら名曲で春にはラジオに流れます。
しかし今年は様子が違った・・・

卒業証書抱いた
傘の波にまぎれながら
自然にあなたの横
並ぶように歩いてたの

四月から都会に行ってしまうあなたに
打ち明けたい気持ちを
でもこのままでいいわ
ただのクラスメートだけで
失う時初めて
まぶしかった日々を知るの

今年はほとんど卒業式ができなかった。
日本中で。

そのことの損失は、
この先明らかになるだろう。ボタンをもらう云々が今もあるか知らないが
そういうことでなく
節目が曖昧になった損失。
それに、入社式は
どうなったのだろう?

9月にすこし落ち着いたら、半年遅れの卒業式が
開かれることを、期待しています。

桜が枝に咲く頃は
違う世界でひとりぼっちひとりぼっち 生きてる
雨にぬれたメモには
東京での住所が…
握りしめて泣いたの
そうこのままでいいの
ただのクラスメイトだけで
失うときはじめて
まぶしかった時を知るの・・・

制服

制服

  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: MP3 ダウンロード
Canary

Canary

  • アーティスト:松田聖子
  • 発売日: 1990/10/15
  • メディア: CD