歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

平原綾香「誓い」の歌詞を解説


誓い 平原綾香

何かやりとげたいことを思い出すとき

この歌を聞きたくなる。

実は僕がやり遂げたいことは、ちょっと普通とは違う。

ちょっと暗い。僕はゴールゲッターではなく、ディフェンダーだ。

記録を出したいとか、新しい店とかではない。

日本にはいくつもまだ

変わるべきことがある

 

願いをこめた流れ星が 夜空を駆けてく

目指した場所までは遠くて ため息こぼれる 

たしかな想いは届くはず

胸に誓うよ

永遠に果てしない道も乗り越えてゆくと

辿り着くまで そのときまではきっと

あきらめないから

 

この世にはいろんな人がいて、多くは幸せに暮らしているんだろう。

それはいいこと。

しかし時々、なんでこんなことが起きた、と思うことが

新聞に出ている。

例外みたいなことだろう。

ついてない人だな、とチラッと見て、

みんな忘れてしまう。

そんな例外も「救い忘れ」もない

みんなが幸せな、それこそ納得のいく

そんな世界が現れる日を

望んでいます。

生きてる間に間に合うかな?

 

誓い

誓い

  • provided courtesy of iTunes

 

 

誓い

誓い

  • アーティスト:平原綾香
  • 発売日: 2006/01/18
  • メディア: CD