歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

スザンヌ・ヴェガ マレーネの肖像 Marlene on the wall

いま、女性とは 何かが真剣に問われている。

(森氏発言とオリンピックの後任人事。)

この人ぐらい、女性らしく、

身の回りの小さなことたちを

繊細に歌う人はいない。


Marlene on the Wall

 

孤独(ひとり)

孤独(ひとり)

 

Even if I am in love with you

all this to say, what's it to you

observe the blood the rose tatoo

of the fingerpront on me from you

私があなたを好きだとしても

それしか言うことがない、それがあなたにとって何?

私の腕についたあなたの指のあざの血の色

other evidence has shown

you and I are still alone

We skirt around the danger zone and talk about it later

またひとつの証拠 ふたりはやっぱり孤独

危険な話題は避けて 後に残しておいた

Marlene watches from the wall

her mocking smile says it all 

as she recall the rise and fall

of every soldier passing

but only soldier

now was me

I'm fighting things that I cannot see

I think it's my destiny that I'm changing

Marlene on the wall

マレーネが壁から見ている

彼女の小バカにしたような微笑みがすべてを語る

彼女はこの部屋に暮らしたすべての戦士の興亡を思い出させる

いま戦士はわたし

わたしは見えないものと戦っている

わたしは変わってゆく

それはわたしの運命

壁の上のマレーネ・ディートリッヒ

 

マレーネの肖像

マレーネの肖像

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 


Suzanne Vega Live in Japan

女性らしさとは、女性であることとは、

何かということが、

ますます問われる時世になっている。

男と同じ役職を果たせる逸材が多いのは言うまでもないが、

それ以外にも、もっと身近な感覚として、

世界の緩衝材、潤滑油、

日々の暮らしの小さな部分を大事にすること。