歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

"Last emperor" Ryuichi Sakamoto

映画「ラスト・エンペラー」 ♪エンディング・テーマ サウンドトラック - YouTube


ウィキペディアで知る習主席の意外な性格。

温厚といわれている。思慮深く、慎重だ。

ではなぜ今、これだけの逆風の中、攻撃的な姿勢を続けるのか。

外を撃つことで、体制への批判をそらし続けなければならないからだ。

それは絶妙な綱渡りだ。

それはどんな指導者も多少は使う方法だ。

では台湾から、なにを得たいのだろうか。

しかしIT会社も、技術者も本国にも居る。

結局は香港も台湾も、なによりも内政の矛盾を隠し続けるために

獲得しようとしているとしか思えない。

アリババの解体に見られるように、実はかなりの恐怖を、

周体制は感じているはずだ。

実際ここまで自由主義経済が育つと、国家主義と矛盾が
次々に浮かんでくる。

だから習にももう次の「妥協」の段取りは、
腹の中にあるはずだ。

このまま独裁巨大国家を目指すのはナンセンスで、
核戦争でもするしかない。

習は後継者を政治局に置いていないといわれ、
次には民主的選挙に行くのではないかと思う。

中国が戦争を経てアジアを得ても、むしろ払う犠牲が大きいのは
誰の眼にも明らかだ。

習は革命で、自分が殺されるような方向を妨げたく、
それであれこれやっている。

実はプーチンも習も、
ラストエンペラーの自覚を持っていて、
殺されないよう、徳川慶喜のように、
周到に進めている。

 

the last emperor

the last emperor

  • 坂本 龍一
  • ポップ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes