歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

古今の名曲の歌詞を、和訳し解説します。

Jackson Brown "My Cleveland Heart" (2021)

いまアメリカが超高温になっていて、アレアレって感じだけど、このブログの読者なら、あわてないね!戦いは始まったばかりだ!

引き続きジャクソン・ブラウンの新譜から。シングルカット、My Cleveland Heart。


www.youtube.com

クリーブランドとは、五大湖沿いの工業都市の中で、
唯一の「民主党基盤」の町なのである。
演劇など文化が盛んで、

ロックンロールの誕生がこの町のFM局の、ある伝説のDJの思い付きから
始まった味わい深い逸話は、また別の機会に書こう。
だからこの町に、「ロックの殿堂」があるのだ。
(ブラウンも入っている。日本だったら100%東京にあるだろうに。)
そういう町の、「どんな困難にも負けない鋼鉄のハート」を、移植されたんだ、僕は、という歌だ。

 

But I expect the real changes to start 僕は真の変化が起きることを期待している

When I finally  get my Cleveland Heart 僕がついに自分用のクリーブランド・ハート(心臓)を装着したとき

They're made to take a bashing そいつはバッシングを受ける運命

And never lose their passion でもけっして情熱を失わない

 

They never break, they don't even beat そいつはけっして壊れない 脈さえ打たない

And they don't ache, they just plug in and shine 痛むことも無い プラグを差込むと輝きだす(ギターのように)

 

Don't make mistakes and they don't know defeat そいつはミスもしないし負けを知らない

Like my heart makes,  like this broken heart of mine 僕自身のハートは失敗するしよく挫けるけれど この壊れかけのナイーブな僕の心臓

 

ジャクソン自身は迷うし悩む、そんな人だったけれど、

ロックの町で、強い心をもらったと言いたいのか。

彼はまだまだ戦う気持ちで、

これからも時代に挑んでゆく。

 


www.youtube.com

美しい町クリーブランド

 

My Cleveland Heart

My Cleveland Heart

  • provided courtesy of iTunes