歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

The Beatles "Nowhere Man"

ポール前期の代表曲がyesterdayなら、

ジョン前期の代表曲はこれだと思う。ジョンの考えが垣間見える。

 

He’s a real nowhere Man 彼は「どこでもない男」
Sitting in his Nowhere Land, 「どこでもない国」に座り込んで
Making all his nowhere plans 「どこのためでもない」計画を
For nobody だれのためでもなく作ってる

 

Doesn’t have a point of view 「物事への視点」を持たず
Knows not where he’s going to, どこへ行くかも知らない
Isn’t he a bit like you and me? それってキミやぼくに似ていないかい

 

Nowhere Man, please listen, どこでもない男よ 聞いておくれ
You don’t know what you’re missing, キミはなにを寂しがってるのか気づいてない
Nowhere Man, the world is at your command どこでも男 この世界は キミの言うことなんでも聞いてくれそうなのに

 

He’s as blind as he can be, 彼はこれ以上ないほど盲目
Just sees what he wants to see, 見たいものしか見ていない
Nowhere Man can you see me at all? どこでも男よ ぼくが見えてるかい

 

Nowhere Man, don’t worry, どこでも君 心配するな
Take your time, don’t hurry, 時間をとれ 急ぐなよ
Leave it all ‘till somebody else なすがままでいいよ 誰かが
Lends you a hand キミに手を差し伸べてくれるまでは

 

Doesn’t have a point of view 何の自分の意見もなく
Knows not where he’s going to, どこへ行くかも知らない
Isn’t he a bit like you and me? それって キミやぼくに似てないかい

He’s a real nowhere Man やつはほんとにどこでもない男

Sitting in his Nowhere Land, どこでもない国に座り込み
Making all his nowhere plans for nobody 誰のためでもない計画を
Making all his nowhere plans for nobody 今日も練っている

 

どう訳すか悩んで、「どこでもない男」。

自分がどこに帰属するかわからない感覚。だから自分は天才だと言っていた。

子供のころ、長い時間、叔母さんの家の二階で、ただぼおっと窓の外を見ていたろう。

それはつらい時間でもなくて、夢見るような、ふわふわした時間。

その中で、いろんな空想や、友に見せる「日刊新聞」のネタなんかを

考えていたんだろう。

この不思議感は、「ストロベリーフィールズフォレヴァー」の歌詞にもある。

ただなんとなく寂しい気持ちがあって、懐かしがっているのは誰か、というのはご想像にお任せします。

 

二番の歌詞で『待ってたら手を差し伸べてもらえる」っていうところが、

楽観的でまたいい。

実際にジョンにはそういうことが起こっていたってことで、幸せものだ!

空想の世界に属する。イマジン=イマ人=ひまじん。

イマジネーション。

あふれ出す想像力、

空を見る人。

空に帰属する人。NOWHEREは空だった。

このイギリスののび太にヨーコというドラエもんが現れて、ふたりはタケコプターで飛んでゆくのだ。新解釈!

 

NOWHEREというのは、いまはどこも誰も信じたくないだけで、ジョン自身は確かなものを探し続けていた。いつか、どこかで(Somewhere,in the futur)、それは見つかるよ! つまりもうこの時期に、イマジンの原型が出来上がっている! あとはヨーコドラエもんと出合い、夢を実現するだけさ!

 

ひとりぼっちのあいつ

ひとりぼっちのあいつ

  • provided courtesy of iTunes

yculture.hatenablog.com