歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

ファン座談会:”やっぱりジョンが悪かった?!”

座談会を届ける。

歌詞の本かと思ったら、発言集。ジョンが若いころからとんがっていたことが分かる。これが、ロックといわれる所以なんだな。(A談)

A「このブログを通じて、ビートルズの軌跡をたどったんだけれども、

そうすると分かってきたのが、あの『キリスト事件』の大きさだ!」

B「グループはあのころ勲章をもらって世界の頂点にいた。ついうっかり、「ぼくらはキリストよりも人気がある」と口走ってしまったために、(ジョーク好きのジョンには普通の大げさに言うジョークで、普段の場なら当たり前の発言だった。)なのに、グループの命運が色々と変わってしまったもんね。」

C「世界ツアーがなくなり、アルバムだけの活動、ジョンは西欧にいずらくなり、メンバーはインド、アジアへの傾倒を深めたもんね。」

A「もしあの失言がなかったなら、あるいは雑誌がカットしていたらと想像してみる。」

B「するとグループはもっとサイケデリック色を強め、サージェントペッパーズはジョンの色ももっと濃くなり、むしろキングクリムゾンのプログレッシブロックみたいな、濃い内容になっていたのではないか?!」

C「ツアーはたまにやり続けていたかもしれない。91年東京ドーム、なんてね」

A「ジョンはイギリスに住んでまだ生きていたとしたら?!いま81歳のじいさんで、ハローとか言っている・・・(笑)」

C「なんかいやだな、その仮定」

B「ジョンとヨーコは出会っただろうか?」

など、パラレルワールドの想像をあれこれ楽しんでしまった。