歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

”アルデバラン” AI の歌詞を解説

今日は久しぶりに日本の歌詞。森山直太郎作詞作曲。

朝ドラ「カムカムエブリバディ」主題歌。


www.youtube.com

 

君と私は仲良くなれるかな

この世界が終わるその前に

きっといつかはかなく枯れる花

今私のできうるすべてを

 

笑って笑っていとしい人よ

不穏な未来に手をたたいて

君と君の大切な人が幸せであるそのために

祈りながらシングアソング

 

見上げてごらんきらめくアルデバラン(*)

あふれてくる涙の理由を

またこうして笑って会えるから

ただ魂の赴くほうへ

つむいでつむいだ心の糸

ペテンな時代に負けないように

もしも君が不確かな明日に心震わせているのなら

私だってそうよフレンド

 

会えないときの静粛が永遠にも思える夜

その孤独に互いの愛を知るのだから

(*おうし座中央にある、一番明るい星。冬のダイヤモンドをつくる星のひとつ。)

 

若く見える森山君ですが、意味深な歌詞。

やはり若い人も、不穏な未来を感じているのか。

手をたたいてシングアソングとはゴスペルの意味。

力強く、乗り越えてゆこうよという歌詞。

ペテンな時代かどうかわからないけど、

朝この曲のイントロが静かに流れると、

すっと心が洗われる気がします。

るいのキャラクターに似て、静かに輝き続けるもの。

ひとり夜寝床にいても、あなたとつながっているよ、という。

今、また国境を超え避難する女性と、残った男性とが隔たれています。

また会えることを。

言えない思いが、人に星を見上げさせる。

 

対談で、森山君が言っていたのです。

この歌は、ミジンコの歌だと。

最初意味がわからなかったが、

名もなき野辺の花と、

ミジンコの歌なのです。

小さな生き物が対話してるのを、

大空のアルデバランが見つめています。

宇宙の広さに比べれば、私たちは小さい。

そしてミジンコから人まで、みんなで暮らしています。

僕たちの戦争を、アルデバランが見ています。

 

 

アルデバラン

アルデバラン

  • AI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes