歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

The Byrds " Turn Turn Turn " 追悼すべき三人

 

Thatness And Thereness FEAT. 高橋幸宏

Thatness And Thereness FEAT. 高橋幸宏

  • トベタ・バジュン
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


www.youtube.com

亡くなったデヴィッド・クロスビーさんがいたバンドでこの曲全米1位。

反戦詩人ピート・シーガーの作詞。

 

To everything, turn, turn, turn.
すべてのものに (季節はめぐる、めぐる)

There is a season, turn, turn, turn.
季節があります (必ず春が来る)

And a time to every purpose under heaven.
そしてこの地上 どんな物事にもふさわしい時期がある

A time to be born, a time to die.
生まれるべき時 死ぬべき時

A time to plant, a time to reap.
植えるべき時 収穫するべき時

A time to kill, a time to heal.
屠るべき時 癒すべき時

A time to laugh, a time to weep.
笑うべき時 泣くべき時

 

三人続けてロックの有名な人が亡くなった。ジェフ・ベック高橋幸宏、デヴィッド・クロスビー。この歌は、旧約聖書の運命論に基づいている。彼らはきっと、この時期に亡くなる定めであった。神が、自分のそばで、この三人に演奏させたがっているのじゃ。

 

ところで、僕は、今の情勢下でも、明るい未来を信じています。なぜなら、すべての物事が、もう決まっているのだから!!(やがては春が来る。)

 

A time for love, a time for hate.
愛するべき時 憎み合う時

A time for peace, I swear it's not too late.
平和の時 それはきっと 手遅れではないのさ

 

追記 月曜日 鮎川誠さんの訃報が報じられていました。ご冥福を!

 

 

ドゥ・トゥ・ミー (feat. Jeff Beck)

ドゥ・トゥ・ミー (feat. Jeff Beck)

 

Michael Jackson " Heal The World "

たしかギネスブックの記録で、もっとも多く寄付した歌手は、

マイケルだったはず。(500億円を超える。)

この曲は1992年、子供を救うヒールザワールド基金の出発であり、以後も死ぬまで盛んに寄付慈善活動をなさっていたという。詳しくは以下のサイトで。(彼についての誤報、誤解もこのサイトに記述されている。)

マイケルジャクソンの真実 ~慈善活動でギネス認定~ | マイケルジャクソンと共に(マイケルジャクソンの真実)・・・nahanのブログ

読むと晩年の誹謗報道が、なんだったのかと思ってしまう。

とにかくこの曲を。歌詞が素晴らしい。

 

Heal the World  「世界をいやそう」

 


www.youtube.com

 

There's a place in your heart キミの心のなかに

And I know that it is love 愛そのもののような場所がある

And this place could be brighter than tomorrow そこは現実の明日よりも輝いている場所

And if you try you'll find ためしてみれば キミもわかるだろう

there's no need to cry そこではもう泣かなくていいのだと

In this place you will feel there's no hurt 

or sorrow そこではキミはもう痛みも心配も感じない

There are ways to get there  そこに実際にたどり着ける方法がある

If you care enough for the living 命のことを深く気にかければいい

Make a little place make a better place 小さな場所をつくってよりよい場所にするんだ

Heal the world Make it a better place  世界をいやそう そしてよりよい場所にしよう

For you and for me and the entire human race キミ、ぼく、そして人類みんなにとって

there are people dying  死にかけた人がいるこの世界で

If you care enough for living もしキミが命のことをおもうなら

Make a better place for you and for me 世界をキミやぼくにとっての良い場所にしよう

 

私の想像だが、純粋なマイケル、

どんなに自分が寄付しても、あまり世界が変わってくれないことに

いつか悲しさを感じていたかもしれない。

物事は難しい。短時間でできることはない。

だが今、この曲はよく聴かれ、人々の心になにがしか波紋を残す。

マイケルの魂よ、天高く永遠に!!

 


www.youtube.com

 

Heal the World

Heal the World

  • provided courtesy of iTunes

 

Midnight Oil " We Resist " SUGIZO氏の環境ソング

テレビの話。世良正則さんがCoversに出ていた。ツイストたった3年半の活動だったとは。再結成を祈ろう。

CMで、YOSHIKIさんらThe Last Rockstarsはライブがあるとのこと。LUNA SEAのギタリスト、SUGIZOさんも難民支援活動していると、朝日新聞に。インタビューを探すと、もう20年、環境や核についての作品を発表してきたことを知る。

SUGIZOが語る、90年代のUKシーンから受けた影響、「歌うこと」を捨てて手に入れた自由 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

YOSHIKIさんの社会活動もあるし、メンバーはみなポリシーを持っている。

そういえば、吉川晃司さんも、東北地震の時、一般人の顔をして、支援に行かれたと聞いた。ライブでも、かなりの寄付をしたとも。きっと今も、なにか考えておられるはず。


www.youtube.com

 

NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR

NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR

海外篇。

Midnight Oilはオーストラリアのバンドで、記憶の片隅にあった。ある日うつらうつらしている時思い出して、調べたらやはり、環境の歌を歌い続けている。ボーカルの男性は、政界入りして、なんと一時オーストラリアの、環境大臣を務めたそうだ。先住民への贖罪、現政権の温暖化政策への激しい批判など、いまも現在進行形の人たち。


www.youtube.com


www.youtube.com

ワシントンDCのライブ。バイデン氏に招かれたか。

過激反捕鯨集団シーシェパードとつながりがあるということで、ちゃんとした人らかと疑ったが、歌詞を読むと納得できた。先住民アボリジニの権利を求める歌。

「ウルル族の心からの声明」(2020)

 

わたしらは、地上で一番投獄されている民です

でも生まれつきの犯罪者じゃない

子供らは前例なき速さで家族から遠ざけられる

・・・

わたしらは憲法に明記されている先住民の声の確立を

求めています

 

最新アルバムから。

”We Resist" 「僕らは抵抗する」

Only if we resist It's a storm without end 抵抗すれば この終わりなき嵐も

Where's the lighthouse? 灯台はどこ

Where's a friend? 友はどこ

Come to think 来て考えてほしい

It can't last  only if we resist  嵐は終わる 僕らが抵抗すれば

 

"To the end of the earth"  「地球の終わりまで」

 

People of the world rize up  世界の人々が立ち上がった

We have been unconscious for too long あまりに長い間無意識だった

Every creature drinks from the same cup すべての生き物が おなじカップから水を飲んでいる

You can do the research キミは研究することができる

To the end of the earth  地球が終わる日まで

 

"Last Frontier"   「最後のフロンティア」

Escape at one  when the clock ran down 午前一時になったら逃げ出そう

on the Google centred town  グーグルマップで中心と表示された位置から

 

"

 

山火事が続いたオーストラリアの人の気持ちを代弁しているのだろう。今年は火事の話を聞かず、対策が取られたのかもしれない。

 

2022年のアルバム。タイトルは「抵抗せよ!」

次回は、癒やしの意味で、マイケル・ジャクソンの有名な歌を訳します。

Last Frontier

Last Frontier

  • Midnight Oil
  • ロック
  • ¥255

 

 

紅白歌合戦2022 感想です

もう盛り沢山で、面白かった。

明るい気持ちになれた!!

The Last RockStars、カッコいい。

セカオワ、レコ大とは、すごいね。

KingGnu、歌詞聞くと、ぴったり起きた事に重なる。

星野源、揺るがぬ個性。

Vaundy、驚いた。すごい才能。

ヒゲダン、貫禄。

Backnumber、朝聴きます。

 

藤井風、世界の人になったとは!! 時代!

ユーミン、技術探求心。

安全地帯、メロディー覚えてしまった。

石川さゆり、安定感。

時代遅れのRocknRollBand。

あの部室劇、三時間見たかった。

うまかった、演奏。

MISIA、福山、最後はこのコンビで5年行こう。

 

 

Julian Lennon "Imagine" , Sean Lennon " Here There Everywhere " 紅白歌合戦のこと

明日、紅白歌合戦があります。

YOSHIKIHYDESUGIZO、MIYAVI の四人が新バンド結成。

名前はTHE LAST ROCKSTARS。

紅白では曲順真ん中より少し前。どんな曲だろう?

紅白には桑田氏の、「時代遅れのRock'n Roll Band」も出演、

曲順はラストから3番目。年末何度も番宣で流れていた。耳になじむ。

その次がアフリカ支援のMISIA、大トリが長崎出身の福山氏。

 

ギターで世界を駆けまわっているMIYAVI氏は、難民支援アーティストとして有名で、先日も自民党野田聖子氏と、イヴェントに出演されていた。Eテレでのツイッター紹介番組で、とても真摯な語り口で、自身の活動を語っておられた。

Cry Like This

Cry Like This

  • MIYAVI
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ところで、カナダでのチャリティーライブで、父親の曲"Imagine" を初めて歌ったJulien Lennon が、新譜を出していた。それも紹介しておきます。

ジュリアン・レノン 11年ぶりの新アルバムのタイトルは『JUDE』 「Hey Jude」へのオマージュ - amass

 


www.youtube.com

JUDE

JUDE

Amazon

 

いっぽう弟のショーン・レノンも、いろんな人と音楽活動中。ホームページもあります。共演者にはメアリー・サイラスや、コーネリアスの名前も。


www.youtube.com

 

"Friendry Fire"    Sean Lennon

You launched the assault キミが襲撃を仕掛けた

with the first cannonball 最初に撃ったのはキミ

My soldiers were sleeping 僕の兵士らは眠りこけていた

.....Down to the wire ぼくの鉄条網に落ちてきたのは

it's friendry fire  友だちのしるしの砲撃だった


www.youtube.com

あと、昭和女子大講堂で、杉真理さん、坂崎幸之助さんらが、ビートルズトリビュートライブ。一席7000円。

 

 

Sean's Theme

Sean's Theme

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

「ビギン・ザ・ビギン」 フリオ・イグレシアス

夕陽を見ながら歩いていた。

ぼんやり、日本代表のことを考えていた。

(あのキック、左だったら)

そうすると、ラジオでこの曲がかかった。


www.youtube.com

後悔先に立たず。

新しく始めようという爽やかな気持ちになった。

フリオは元サッカー選手で、80年代日本でもおばさんに人気があった。

 

 

When they begin the beguine,
It brings back the sound of music so tender,
It brings back the night of tropical splendour,
It brings back a memory evergreen!

ビギン(マルチニックのダンスの一種)の演奏が始まると
あんなにも優しかった楽器の調べが心によみがえる
光まばゆい熱帯の町の夜がよみがえってくる
まったく色あせない記憶が まざまざとよみがえる

 

ああいう瞬間も、人生の大事な一瞬のひとつだと思う。

飛躍のきっかけだ。

さあまた歩き始めよう。

 

 

ビギン・ザ・ビギン

ビギン・ザ・ビギン

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

さだまさし 「天までとどけ」

今回のワールドカップの出来事は、

長い間スポーツを観てきた中でも

一番のこと。

こころが、動いた。

今でも余韻がある。

勇気、あきらめない、心をひとつに、

前向きに。いくつも

心に刻んだ。

そしてすべてを、ある不思議なやさしさが、

包んでいた。

それは監督とキャプテンの出身地、

長崎がくれたものかもしれない。

それでこの歌を選んだ。

一部歌詞変えました。著作権法違反お許しください。


www.youtube.com

 

舞い上がれ 風船の憧れのように

みんなの夢 天までとどけ

おかえり 僕らの国へ

 

天までとどけ

天までとどけ