歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

岡林信康「山谷ブルース」を聴きながら、失業増加を憂う

フォークの神様岡林信康の伝説の歌

山谷ブルース

今日の仕事はつらかった       
あとは焼酎をあおるだけ
どうせどうせ山谷のドヤ住い    
ほかにやることありゃしねえ

一人酒場で飲む酒に        
帰らぬ昔がなつかしい
泣いて泣いてみたってなんになる  
いまじゃ山谷がふるさとよ

工事終ればそれっきり       
おはらい箱の俺たちさ
いいさいいさ山谷の立ちん坊    
世間うらんでなんになる

人は山谷を悪くいう        
だけど俺たちいなくなりゃ
ビルもビルも道路もできゃしねえ  
だれもわかっちゃくれねえか

だけど俺たちゃ泣かないぜ     
働く俺たちの世の中が
きっときっとくるさそのうちに   
その日にゃ泣こうぜうれし泣き

今、日雇いの仕事は昔のようにない。
この先かなり増えると言われている、
失業者をどうするか?
温暖化で、この先穀物の生産が躓くことが予想されています。
日本でも、第一次産業にもう一度、多く人を呼び込めないか。 
うまく組織化して、特典も与え、国の力にしたい。
道路はもうそんなに作らなくてもいいから。
米の備蓄は半年しかないとこの前言っていました。
良い土のある国土、
砂漠の国とは違うんです。