歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

Mr.Children "Documentary film"の歌詞を深読み解説!


Mr.Children「Documentary film」MUSIC VIDEO

 

誰の目にも触れない ドキュメンタリーフィルムを

今日も独り回し続ける

そこにある光のまま きっと隠し切れない僕の心を

映し出すだろう

 

ニューアルバム「Soundtracks」からの紅白演奏曲。

ドラマや映画の主題歌もある中で、とりわけこの曲を、本人たちが推している。

なぜだろう。

「Brand New Planet」の解説で少し触れたけれども、ミスチルがコロナの歌を歌うと言う噂があった。この曲を聴いて、これもまた、もうひとつのコロナの歌だと知った。

コロナの日々、みな外出を自粛したりして、毎日が職場と家のまっすぐの往復、あるいは自宅の勤務で外に出るのは一日一回の散歩だけ、と言うふうに、

毎日がおんなじプログラム、きっちりおんなじ事の繰り返しになりがち。

実は筆者もそうだ。

すると毎日、目にする光景は寸分たがわず、昨日と同じ。

毎日毎日、おなじ道筋の繰り返し。

見る光景も繰り返しだ。

ところがそうしていると、毎日すこしづつ、風景のほうが変わっている。

木の葉の具合、花の咲き方、そして夕日の沈み方。

それはまるで、本当に、誰も見ないドキュメンタリーを、

毎日自分の目で、撮影しているみたいなんだ。

 

今日は何もなかった

特別なことは何も

いつもと同じ道を通って

同じドアを開けて

昨日は少し笑った

その跡ですこし寂しくなった

君の笑顔に後幾つ逢えるだろう

そんなこと ふと思って

 

[Brand New Planet」にも死への言及があるが、

この歌にもある。

君に逢えなくなることが 起こりえるかも。

 

あるときは悲しみが

多くのものを奪い取っても

次のシーンを笑って迎えるための

演出だって思えばいい

枯れた花びらがテーブルを汚して

あらゆるものに「終わり」があることを

リアルに切り取ってしまうけど

そこに紛れもない命が宿ってるから

君と見ていた

 

50代のミスチルらしく、よく練られた歌詞。

コロナの時代に考える人たちに、

ぜひ聴いてもらいたい。

 

SOUNDTRACKS 通常盤 (CD / 32Pブックレット)

SOUNDTRACKS 通常盤 (CD / 32Pブックレット)

  • アーティスト:Mr.Children
  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: CD
 

 

愛おしい命が