歌詞解説のLyricsonic リリックソニック

和訳、ライターの仕事募集中です。

”花束をキミに” 宇多田ヒカルの歌詞を読んでみました。

普段からメイクしない君が 薄化粧した朝
始まりと終わりの狭間で
忘れぬ約束した

花束を君に贈ろう
愛おしい人 愛おしい人
どんな言葉並べても
真実にはならないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に


母を亡くした彼女が歌った曲。

花束を贈るという単純な行為に
色んな想いが込められている。

化粧をしないということと
追悼の想いが重なる。

どんな言葉より
花を贈りたい。

両手でも抱えきれない
眩い風景の数々を ありがとう

世界中が雨の日も
君の笑顔が僕の太陽だったよ
今は伝わらなくても
真実には変わりないさ
抱きしめてよ たった一度 さよならの前に

花束を君に贈ろう
愛おしい人 愛おしい人
どんな言葉並べても
君を讃えるには 足りないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に